マンション経営に失敗しないための知識|知識を得て賢く運用

お金

リスクを抑えた不動産投資

集合住宅

1棟買いが人気の理由

マンションやアパート投資は個人投資家の間でも一般的な投資手法となりつつありますが、これまではマンションやアパートの一区画を部分購入して運用するという運用スタイルが一般的でした。しかし、最近ではこうした部分購入ではなく、マンションを丸々1棟購入してその運用を行う投資家も増えてきています。マンション1棟買いが人気を集める最大の理由は、マンション1棟買いの方が部屋を一つ一つ部分購入よりも相対的に割安な価格で購入できるからです。初期投資となる不動産の購入価格を安く抑えられれば安く抑えられるほど、その後の投資運用利回りは高くなるため、高い利回りを求めてマンション1棟買いを行う投資家が増えてきているのです。

リスクの分散効果

マンション1棟買いには、不動産の購入価格を割安に抑えられるという点以外にもメリットがあります。メリットの一つは、空室リスクの分散効果です。マンション投資では保有するマンションに空室が出てしまうと運用収益はゼロとなってしまいます。この点、マンションを一部屋だけ所有して単独運用している場合、その部屋が空室となってしまうと運用収益はゼロとなってしまいます。しかし、マンション1棟買いを行い複数の部屋を所有して運用している場合、例え所有する一部の部屋に空室が生じてしまった場合でも、その他の部屋が稼動していれば収入がゼロになる事はないのです。こうした空室リスクの分散効果を考慮してマンション1棟買いを行う投資家は多いです。